診療ご案内

予防

犬混合ワクチン
犬8種混合ワクチンを用いたワクチネーションプログラムを推奨しています。
アレルギー体質のワンちゃんの場合は、オーナーさんと相談の上、個別対応いたします。
※接種後の体調を考慮し、診察時間の終了30分前までにご来院ください。

猫混合ワクチン
猫3種混合もしくは猫5種混合ワクチンを用いたワクチネーションプログラムを推奨しています。
猫5種混合ワクチンをご希望の場合は、初回ワクチン時に「猫白血病ウイルス抗原/猫免疫不全ウイルス抗体」の検査も併せてお勧めしています。
猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)のワクチンも取り扱い始めました。
※接種後の体調を考慮し、診察時間の終了30分前までにご来院ください。

狂犬病予防接種
狂犬病予防法に基き、生後91日を過ぎたすべてのワンちゃんに義務付けられている予防注射です。
ワンちゃんのライフスタイル(完全室内・屋外)にかかわらず、どのワンちゃんも登録および予防接種をしなければなりません。 鴻巣市内にお住まいの場合は、市役所への登録代行いたします。
※接種後の体調を考慮し、診察時間の終了30分前までにご来院ください。

フィラリア予防(犬・猫)
ひと月に一回、ジャーキータイプのお薬を食べるだけで完全に予防できるようになりました。
抗原検査を行ってから、安全に美味しく、フィラリア対策を行いましょう。
(粉薬、錠剤、皮膚への滴下式もご用意しています。)
ネコちゃん用のお薬もご用意しています。

ノミ・ダニ予防
ワンちゃん用もネコちゃん用も、スポットタイプ(皮膚への滴下式)のお薬をご用意しています。
ワンちゃんは、食べるタイプも選べます。

ペットホテル

当院の患者さんで、ワクチン接種済みの犬、猫が対象です。
※前日までのご予約をお願いします

避妊・去勢

望まない子犬、子猫を増やさないことを目的とします。
※前日までのご予約をお願いします

その他に、下記のような効果もあります。
〈 雌犬・雌猫 〉
乳腺腫瘍や子宮、卵巣の病気を予防する。発情の煩わしさがなくなる。
〈 雄犬 〉
前立腺の病気や、精巣、肛門周辺の腫瘍などを予防する。尿のマーキングが減る。
〈 雄猫 〉
性格が穏やかになり、しつけしやすくなる。尿のマーキングが減る。

こんな時は病院へ

下痢 / 嘔吐がある / 耳を痒がる(頭を振る) / 口臭 / よだれがひどい / 咳をする / 目ヤニが多い / 頻尿 / 多尿がある / 皮膚を痒がる / 毛が抜ける / シコリがある / 歩き方がおかしい / ケイレン発作がある

Copyright (c) 2005-2018 Kounosu Animal Hospital Co., Ltd. All Rights Reserved.